祇園の教訓

岩崎峰子 著

内容は、ずばり、祇園の教訓です。
祇園で育った生粋の芸者さん、峰子さんが
花柳界での経験を通して、色々感じたことを書いています。

なによりもまず、海外にいるときにこういう本を読むと
「日本って面白いわぁ」と思います。
世界中のすべての国がそれぞれ独特の文化を持っていますが
「祇園」っていう世界はその中でもさらにユニークな文化だと思います。

日本人でさえ、花柳界がどのような世界なのか
ほとんどの人はよく知らないと思います。
私は大学を卒業してから半年ほど、東京の浅草付近にある
料亭でバイトをした経験があります。
こっちに来る前に着物の一つくらい着れないと
日本人として恥ずかしいわ☆と思ったからです。
祇園とはまた違った感じだと思いますが
私の働いていた料亭にもいわゆる舞妓さん(東京では半玉という)や
芸者さんが出入りしていました。
お客さんもテレビで見るような人がたくさんいて
「こういう人たちはこういうところで食事するのか~」
と感心した覚えがあります。
そのときの経験はこっちに来てからも
結構役立っていたりします。

日本人に「ルーマニアといえば?」と聞けば
「コマネチ、ドラキュラ、チャウシェスク」
と返ってくるのと同じで
羅人に「日本といえば」
「ゲイシャ、フジヤマ、ショウグン」←文系
「ソニー、ニッサン、パナソニック」←理系オタク
という答えが返ってきます。
ゲイシャは日本の象徴のようです。
でも、ゲイシャがいったい何なのか
よく分かっていない人がほとんど。
「踊る人」
「酌をする人」
と言うならばまだ良くて
「売春する人」
って言う人も少なくありません。
峰子さんのお怒りももっともです。
映画や本のイメージが先行しているようですね。

たとえば、本物の芸者さんをこの国に呼んで
日本文化に対する正しい理解を呼びかける
という機会があってもいいと思います。
日本は世界でも有数の超大国。
みんな名前は知っているしイメージもある。
これからは、より正しいイメージをもってもらう
そういう段階にきていると思います。

ユニークな文化だけになかなか正しく理解してもらえない
というのが、この国で日本文化を教える場合の
最大の悩み・・・
とにかく一度行って見なきゃ分かんないのよ!
↑と、この間日本に行ってきた羅人も言っていました。

半落ち

横山秀夫 著 講談社

普段から泣き虫な私ですが、やっぱり泣きました。
しかも、著者の思惑通りのところで泣いてます、たぶん。
刑事、検事、弁護士、裁判官、刑務官という
立場の違う5人の視点で描かれているのが面白いし
主人公(?)の梶というキャラクターを
リアルに感じることができました。
是非映画も見てみたいです。
なかなか豪華な俳優人なんですよね?

そういえば、うちの近くにも「裁判所」があります。
「家庭裁判所」みたいなものですかね。
いつも入り口に人があふれかえっています。
そんなに事件が多いのだろうか・・・

蹴りたい背中 綿矢りさ

作品も著者も全然聞いたことなかったのですが(恥)
「史上最年少芥川賞受賞」という文字に惹かれて
ついつい読んでしまいました。

面白かったです。
特にどこが印象的だった、というのはなくて
本当にさらりとしたお話でしたが
高校時代のことを思い出して
懐かしくなったり
共感してしまう心情描写があったりして
ってこんなこと書くと
自分がどんな高校生だったかばれてしまう???
もちろんこの主人公ほどではありませんでしたよ。
ちゃんと友達もいました(笑)。

羅国の高校生はというと
日本の高校生とは別物です。
いい意味も悪い意味もありますが。
まずこの国の16歳といえば、見た目がもう大人。
18歳にもなると
おばさんとオヤジに見えなくもない子もいます・・・
特に女の子は16歳くらいが一番キレイ。
日本人は彼らに比べたら若く見えますから
私なんか19歳くらいに見えるそうで。ウフッ。
さらにこの国には基本的に制服がないから
高校生なのか大学生なのか
はたまたオヤジなのか、見分けがつきません。

しかしいくら見た目がオヤジでも
心配事が大学受験であることはここも日本も同じ。
羅国では12年生(日本で言う高校3年生)の最後に
バカロレアという試験があって
それの成績しだいで行ける大学が決まるっぽいです(よく知らない)。
海外に出て行く子もいます。←優秀な子or金がある子
アメリカに行く子が多いですね~
国費留学生として日本に来る制度もありますが(日本の国費ですけど)
それはかなりの難関!!
それもまた試験の成績によって行く大学が決まるそうです。
私の知り合いでは筑波大学に行った人がいます。
超優秀じゃないと無理だそうですが・・・・
「ツクバ、サイコー!大好き!」
って言ってました。
確かに羅人にとっては
東京より筑波のほうがあってるかも・・・・広々してるし。
この4月から、知り合いの羅人が日本へ留学しました。
偶然にも、私の卒業した大学です。
①女子しかいない・・・・
②東京(池袋付近)=お金がなくなる
の2点から、あまり羅人の留学にはおすすめできませんが
学生の本分は勉強ですから
それだけに集中するのならば
問題ない環境だと思います・・・・頑張れ!

img20050908.jpg

関係ないですが、友達の家の犬ニック。

ドナウよ、静かに流れよ

大崎善生という人が書いた、ノンフィクション小説です。
ドキュメンタリーっていうんですか。
2001年にドナウ川に身を投げた
2人の若者の足跡を追っています。

2001年と言えば、
私はまだ大学生。
卒論と格闘していたころでしょうか。
この本に出てくる渡辺日美(カミ)さんは
その時19歳だったということですので
私より2つか3つ年下ということになります。
彼女は羅人と日本人のハーフで
羅国に留学中に知り合った33歳の男性と恋に落ち
最後の最後までその愛を貫くのです。
とはいえ
この本は著者の大崎さんが現地取材を行い、
いろんな人の証言や残された手紙などをもとに
書いたものですので
限りなく事実に近いとは思いますが
しかしながら事実とは断言できないところもあるわけです。
特に、二人が死を選んだ理由とか
死に場所にドナウ川を選んだ理由とか
どっちが「死のう」って言い出したのかとか
大崎さんなりの答えはあるんですけど
やっぱり謎。
読み終わった後もしばらく考えてしまいましたが
いくら考えたところで、本人たちに聞けるわけもなく。

この本にはたくさん羅国の情景がでてきます。
大崎さんが取材で訪れたときの
ありのままの羅国。
ストリートチルドレン、野良犬、物乞い
ぼったくりタクシー、不親切な店員、賄賂を要求する車掌、、、、
多少改善されてはきているものの
いまだにどれも健在。
とくに、アジア人に対する好奇の目というのは変わらないですね。
いつも注目をあびるっていうのは
さすがに毎日続くと結構なストレスになります。
アメリカやイギリスに留学するのとはわけが違います。
お母さんが自分の国の素晴らしさを知ってほしいという思いで
羅国に留学させたのだと思いますが
日本のような賑やかで便利な国からいきなり送り込まれ
19歳の女の子にとってはかなりつらかっただろうと思います。

もちろん、羅国は自然豊かでのんびりしていて
私は大好きですけどクローバー
慣れるまでは確かに辛かった・・・・
この国のよさを本当に理解するには
時間がかかるような気がします。
日美さんは「羅国には2度と帰りたくない」と
言っていたそうです。

だがしかし
2人が身を投げたドナウ川は
ウィーンのドナウでしたけど
それは最後に母の国である羅国に続いていると
意識しての事だったんでしょうね。
と私は思うのですが・・・・

画像を載せたいのですが
パソコンの調子が悪くて載せられません。
あしからず・・・・

明日から2日間また首都です。
ごきげんよう~

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ついに読み終わった!!
と思ったら最新作がでたらしいですね。
私の周りの羅人は
英語で読んでいるようですが
私は大人しく
翻訳版が出るのを待つことにいたします・・・

ハリーポッターの本を読んでいて
いいなぁとおもうのは
ロンのお母さんが
魔法で料理を作るときです。
練習はもちろんいるんでしょうけど
なんだかとっても簡単に
美味しいものが作れるような気がしますね。
あとは、学校の食事が豪華です。
作者のローリングさんは
食事の描写が細かいので
ついつい生唾のみこんでしまいます。
あの食事が食べれるだけでも
ホグワーツに入学する価値がありそうです。

って、食べ物の話ばかりですね・・・・
11月にまた映画が公開されるらしいので
出来ればこっちで見てから帰国したいですが
(空いてて安いから)
アメリカと同時公開はなさそうですな。

今日はちらし寿司にします。ごはん
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ