洪牙利旅行2日目はブダペスト観光でした。
美しく青きドナウ川目指し、
我々ギャル3名がK君の後ろを金魚の糞のように
テクテク歩いていると
突然K君
「なんだ!あの人だかりは!あのバスはまさかっ?」
近くにいる人に聞いたところ
やはりそのバスは、K君の期待したとおり
イングランドのサッカーチーム
マンチェスターユナイテッドのものでした。

img20050830.jpg

ホテルから選手たちが競技場へ向かう時間だったらしく
カメラやユニフォーム、色紙を持った洪人がいっぱい。
もちろん我々も野次馬根性丸出しでカメラを構え場所取りを・・・
私はホテルから出てくる選手をデジカメの動画で撮影しました。
その映像を後で見たら、K君の興奮した声がすごい。
「○○だ!△△だ!」
と、私の知らない選手の名前を連呼。詳しいね。
最後に私のこんな声も入ってました。
「ねぇ、ベッカムまだ?」

彼らはそのあと洪牙利のクラブチームと試合だったようです。
我々はバスが去ったあと、ようやく目的のブダの王宮に辿り着き
漁夫の砦からの美しいドナウの夜景を堪能したのであります。
「帰りたくない・・・明日かえるなんて嫌だ・・・・」
この川は本当に私の住んでるところに流れてる川なのか?
おんなじ川なのにこうも見栄えが違うのか?

川って、特にドナウのような大河って
見てると本当に不思議な気持ちになります。