2週間ほど前に映画館へ見に行きました。
字幕はもちろん羅語(この国の言葉)なので
理解度は80%くらいでした。
昨年ラストサムライを見に行った時は
字幕が早すぎて、英語を聞いて理解していましたが
(しかも半分日本語だしね!)
今回は英語を聞くより字幕を読むほうがラクでした。
羅語力アップした分、英語力ダウンです。
なんか損した気分・・・・

日本では夏休みの映画なのかな?
羅国ではわたくし、公開2日目の開始5分前に行きましたが
真ん中の特等席で見れました。
決して人気がないわけではなく
みんな海賊版CDを持っているからなのです!

なにはともあれ、アナキンです。
このような大作シリーズは
回を重ねるごとに評価が下がるものですが
私はとっても楽しめました。
主役のヘイデン君が、前回より数倍素敵でした。
そして、結末は分かっていたけど
やっぱり悲しかったです。

もっと悲しかったのは!!
この国の観客のマナーの悪さ。。。
それについては長くなるのでまた次回。

今日もせっせと折り紙折ります。

PICT0003.jpg