2005年10月

週末小旅行記2

P市は私の住むA市よりかなり大きい町でした。
トラムやバスの路線があることが、まず違います。
(A市の場合トラムはなく、バスは隣村に向かうバスと
首都など大きな町に向かうマイクロバスのみ。)

もとこさんの仕事場にお邪魔しました。
子供はどこへ行ってもかわいいものです。
しかし、私の生徒よりもずっとお行儀がよいように思いました。
隣の芝は青く、隣の生徒は良い子に見えるのか・・・

もとこさんの同僚の音楽教師ユリアンの頼みで
今回は三味線を持って行きました。
ギター弾きのユリアンは、こんな感じで
素敵に三味線を弾きこなしてくれました。

img20051027.jpg

さすが、指の動きがプロいです。
全然正しい弾き方ではないにもかかわらず
とても素敵な音楽になっていました。すげー
とにかく三味線を気に入ってくれたようで
良かった!

関係ないですが、沖縄の音楽は
こっちの人に聞かせても100%気に入ってもらえますね。
私は沖縄出身ではないけど
沖縄の音楽を聴くと、すごく懐かしい気分になります。
日本人だったら誰でもそうじゃないかなぁ。
それから、演歌を聴いてしみじみできるのも
日本から遠く離れたこの環境ならではですね。

週末小旅行記

帰ってきたらアクセス数2000を超えていました。
みなさんどうもありがとうございます。

今回の小旅行では首都からバスで1時間ほどのところにある
P市のもとこさんのうちに2泊お世話になり
首都の寮で一泊し
日曜日の午前中ヴァイオリンのコンサート
夜は演劇を見てHさん宅に一泊
今朝帰ってきてそのまま仕事へ
というスケジュールでした。
もとこさん、Hさんお世話になりました。
充実した週末を過ごせました~。

旅行の様子は次の日記で。
今日は眠いので寝ます。
さっき授業しながら寝そうになった・・・←教師失格

とりあえず無事に帰ってきたことだけ報告、っと。

週末小旅行

これから寝袋持ってもとこさんちに行ってきます。
日曜日にはコンサートもあるし
楽しい週末になりそうだ。

それでは、みなさん、2,3日留守にします。

コーラ中毒

この国に住みながら
「ここがこうなればもっといいのに!!」
と思うことがたくさんあります。
↑日本にいてもあるけどね。

そのひとつとして
「マクドナルドのセットに爽健美茶つけろ!」
というのがあります。
というのも、こちらのマクドナルドでセットを頼むと
・コーラ
・ファンタ
・スプライト
という選択肢しかないのです。
せめてミネラルウォーターにしてくれないかなぁ
とおもうのですが・・・

ウーロン茶という飲み物はこの国に存在しません。
ましてやペットボトルでお茶なんて売っているわけありません。
老若男女すべての人が「喉が渇いた」と言っては
2リットルのコーラをグビグビグビ・・・・
「また喉渇くよ」と言ってやりたい。

私は日本ではほとんどコーラなんて飲まなかったけど
ほかに選択肢がないときや勧められたときには
やはりコーラを飲みます。
最初のうちは「あぁ、骨が溶けるよ・・・」と
罪悪感にも似た感情を持ちながらチビチビ飲んでいましたが
今は慣れたのか、当たり前のようにグビグビ飲んでます。

様々なお茶が並ぶ日本のコンビニを夢に見る今日この頃。
でも羅人に言わせれば
「お茶を金出して買うなんてありえない」
のだそう。
お茶は家で作るもの←お茶葉は買いますけど
コーラは家では作れない、だから買う。
なるほど・・・・

祇園の教訓

岩崎峰子 著

内容は、ずばり、祇園の教訓です。
祇園で育った生粋の芸者さん、峰子さんが
花柳界での経験を通して、色々感じたことを書いています。

なによりもまず、海外にいるときにこういう本を読むと
「日本って面白いわぁ」と思います。
世界中のすべての国がそれぞれ独特の文化を持っていますが
「祇園」っていう世界はその中でもさらにユニークな文化だと思います。

日本人でさえ、花柳界がどのような世界なのか
ほとんどの人はよく知らないと思います。
私は大学を卒業してから半年ほど、東京の浅草付近にある
料亭でバイトをした経験があります。
こっちに来る前に着物の一つくらい着れないと
日本人として恥ずかしいわ☆と思ったからです。
祇園とはまた違った感じだと思いますが
私の働いていた料亭にもいわゆる舞妓さん(東京では半玉という)や
芸者さんが出入りしていました。
お客さんもテレビで見るような人がたくさんいて
「こういう人たちはこういうところで食事するのか~」
と感心した覚えがあります。
そのときの経験はこっちに来てからも
結構役立っていたりします。

日本人に「ルーマニアといえば?」と聞けば
「コマネチ、ドラキュラ、チャウシェスク」
と返ってくるのと同じで
羅人に「日本といえば」
「ゲイシャ、フジヤマ、ショウグン」←文系
「ソニー、ニッサン、パナソニック」←理系オタク
という答えが返ってきます。
ゲイシャは日本の象徴のようです。
でも、ゲイシャがいったい何なのか
よく分かっていない人がほとんど。
「踊る人」
「酌をする人」
と言うならばまだ良くて
「売春する人」
って言う人も少なくありません。
峰子さんのお怒りももっともです。
映画や本のイメージが先行しているようですね。

たとえば、本物の芸者さんをこの国に呼んで
日本文化に対する正しい理解を呼びかける
という機会があってもいいと思います。
日本は世界でも有数の超大国。
みんな名前は知っているしイメージもある。
これからは、より正しいイメージをもってもらう
そういう段階にきていると思います。

ユニークな文化だけになかなか正しく理解してもらえない
というのが、この国で日本文化を教える場合の
最大の悩み・・・
とにかく一度行って見なきゃ分かんないのよ!
↑と、この間日本に行ってきた羅人も言っていました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ