2005年06月

バレエとオペラ

先週バレエとオペラのシーズンが終了しました。
夏は劇場は閉鎖。
また秋からシーズンが始まります。
今月はバレエの「ラ・バヤデール」と
オペラ「メリーウィドウ」を見に行きました。

何がいいかって、高くても500円払えば
国立劇場でバレエやオペラが見れるのです。
日本だったら安くても10倍
普通1万円以上はしますよね。
レベルも悪くありません。
たまに「えっ」っていう人が踊ってたりするけど(笑)
やっぱりヨーロッパですからね。
劇場も立派です。

私も子供にバレエを教えていますが
バレエに向いた体型をしている子供が
やっぱり多いです。
顔もちっちゃくて
足がまっすく長くて
骨盤もバレエ向き。
いいなぁ。

img20050628.jpg

>たくこさん
イタリアン楽しみにしてます。
その為だけにでもB国へ行く価値があるよ!

デノミネーション

アクセス数200を超えました!
みなさまどうもありがとうございます。

先週はお客様が来たりイベントがあったりと
夏休み1週目だというのになんだか
とても忙しかったです。
久しぶりに自宅に戻り
ホッと一息ついてるところです。

しかしこの忙しさはまだ続きます。
なんと明後日には母がこの国へ・・・
1年半ぶりの再会ですので楽しみですが
ちゃんと飛行機に乗ってこれるか心配です。

母は10日あまり滞在しますけど
ちょうど滞在中の7月1日に
羅国の通貨が切り替わります。
今まで1ドル約30,000レイ(羅国の通貨単位)だったのが
3レイになります。
つまり
0が4つも取れる!!!

この国にやってきたばかりの時は
よく一桁間違えて払ったりして
少ないときは怒られたり
多い時はぼったくられたりしてましたけど
また同じことになりそうな予感大です。

お店では現在、従来の価格と新しい価格が両方かかれてます。
これもEUに入る為に必要なことのひとつ
なんでしょうね。

さてさて、今週は母と共に旅に出ますので
さらに更新が遅れるかも・・・
全世界十数人のファンの皆様
気長にお待ちください★

>たくこさん
今度は母とお世話になります!
楽しみだぁ。

img20050628.jpg

スターウォーズ エピソードⅢ

2週間ほど前に映画館へ見に行きました。
字幕はもちろん羅語(この国の言葉)なので
理解度は80%くらいでした。
昨年ラストサムライを見に行った時は
字幕が早すぎて、英語を聞いて理解していましたが
(しかも半分日本語だしね!)
今回は英語を聞くより字幕を読むほうがラクでした。
羅語力アップした分、英語力ダウンです。
なんか損した気分・・・・

日本では夏休みの映画なのかな?
羅国ではわたくし、公開2日目の開始5分前に行きましたが
真ん中の特等席で見れました。
決して人気がないわけではなく
みんな海賊版CDを持っているからなのです!

なにはともあれ、アナキンです。
このような大作シリーズは
回を重ねるごとに評価が下がるものですが
私はとっても楽しめました。
主役のヘイデン君が、前回より数倍素敵でした。
そして、結末は分かっていたけど
やっぱり悲しかったです。

もっと悲しかったのは!!
この国の観客のマナーの悪さ。。。
それについては長くなるのでまた次回。

今日もせっせと折り紙折ります。

PICT0003.jpg

サッカー

昨夜はコンフェデレーションズ・カップの日本VSブラジルでした。
すごく面白い試合でした。
実は私は小学生の時ちょこっと女子サッカーチームに入っていたので
サッカーは結構好きです。
特に同世代の選手が頑張っていると
かなり熱烈に応援します。
同学年は
稲本、高原、小野、小笠原、中田浩二
などなど。がんばれ~。

そういえば、この国もスポーツ言えばサッカーですね。
有名どころでは、ハジ、ムトゥーなどがいます。
特にハジなんかは国民的英雄みたいで
みんな自慢げに彼の話をします。
子供たちは道端でボールを蹴って遊んでいますし
大人は仕事が終わった後、サッカーで汗を流します。

スポーツは娯楽であったり、健康を保つ手段であったりしますが
とても大切な教育の一つでもあると思います。
この国に来て思った事は
スポーツの後の後始末が悪い!
体育館でサッカーをするのはいいけど
土足で床をどろどろにして
掃除もせずに帰っていくとはどういうことですか!
しかも次に裸足で空手の稽古をする我々が待っているというのに。

そして我々は今日もせっせと床をお掃除するのでした★

ここの所忙しくて毎日更新できませんが
気長に待っててくださ~い。

2カ国お泊り会

昨日お隣の国B国からお友達が2名(たく子さんとPさん)が
我が町に遊びにてくれました。
何もない街ですが、暇つぶしにはなったでしょうか。
M子師匠の豪邸に、私も一緒に泊めていただきました。
私はグラタンを作ろうと頑張りましたが、
それはいつの間にかM子師匠の腕にゆだねられていました。
私にはまだ、あの「適当さ加減」というのが分かりません。
すべて目分量でやって、あのような芸術的なグラタンが生まれるなんて
キャリアの差か。それともセンスか。
しかもティラミスまで作ってくれました。激ウマです。
お客人も喜んでおられたようです。

お二人の住んでおられるB国では、
キリル文字が使われています。
全く読めません。暗号のようです。
でも確か小学生の頃、ロシア(当時ソ連)のバレーボール選手に
一目ぼれし、お小遣いでロシア語会話の本など
買ったことがありました。←もちろん彼と話すため。
B語を聞いていると、挨拶などところどころ似ている感じがしました。
来月母とB国に遊びに行く予定なので
ちょっと勉強しようと思います。

しかし、最近覚えた事はすぐ忘れるのに
子供の頃必死で覚えたロシア語の挨拶を未だに覚えているなんて
脳みそって面白いですなぁ。

明日はたく子さんとPさんとK子さんと一緒に首都観光です。
おやすみなさい。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ